知っておきたい予防方法

予防の方法とは?

スキンタッグは良性の腫瘍で年齢と共にできる老人性のものだと考えられています。加齢によるものなので防ぎようは無いのですが、できるだけ発生しにくく日々努力することはできます。また、体質的に若い頃からイボができる遺伝子を持っていると、予防をしても効果が無い場合もありますが数を増やさない対策には繋がるでしょう。
肌が老化する原因は色々なものが考えられます。紫外線のダメージ、皮膚の摩擦、血行不良など。皮膚が新しく生まれ変わり若々しく保つようにすれば良いのです。あまり深く考えず、首などイボができる箇所も肌のケアをしておけば良いと覚えておくと良いでしょう。顔に化粧水やクリームを塗るのと同様、他の部位も手入れをすることをおすすめします。

 

>>スキンタッグケア化粧品はこちらから

お肌を保湿する

スキンタッグの予防としては第一に保湿が重要だと考えられています。
肌に水分量が不足すると、肌の生まれ変わりが阻害されてしまったり、角質が乱れるなど肌にも良くありません。
特にエアコンや暖房で乾燥しやすい環境にいる方は、首や顔などにも丁寧な保湿を心掛けてみてください。
おすすめの方法は、顔に化粧水を塗ったら首にも塗り伸ばします。
ついでオイルなどで保護しましょう。
最近では杏仁オイルなどイボ専用の油分も売られているため、顔や首全体に塗り伸ばすと効果的です。
肌の保湿性が高まると、新陳代謝が正常化しやすくなります。
また、イボを除去したいと思いゴシゴシ擦るのは止めましょう。スキンタッグは摩擦も原因のひとつだと考えられているからです。

重ね塗りで保湿を強化

スキンタッグがよくできる首の皮膚は意外にも薄くできています。
若い頃には何もつけなくても大丈夫だった方でも、年齢と共に乾燥が目立ってきます。何よりも保湿が大事で、乾燥が酷いと感じるなら朝、昼、夜と1日3回くらいの重ね塗りをおすすめします。
特に30代を超えると皮膚の潤いやハリを保つコラーゲンやエラスチンが減少してくる傾向があります。
そのほか水分量を保つヒアルロン酸など、肌のみずみずしさはどんどん失われていきます。
これらを補える美容液をたっぷりと塗り、オイルで水分をフタをするように重ねぬります。
昼間乾燥しやすいと感じたらスプレー容器に化粧水などを入れておき保湿、更にオイルでフタをすれば完璧です。
こまめに塗り重ねれば乾燥によるダメージを防げます。

毎日のケア

スキンタッグの予防は毎日のケアが重要です。
日々少しずつ皮膚にはダメージが蓄積していて、老化なども関係するようで年齢と共に増えてきます。
第一に保湿を心がけ代謝を良くする、そして皮膚の摩擦を防ぐことです。
よくあるのがナイロンタオルでゴシゴシ洗ってしまう方法です。
若い頃からこの洗い方を続けていると、知らない内に皮膚が硬くなって余計な角質が溜まってしまうようです。
首や脇の下などは意外と皮膚が薄く、摩擦にも弱い箇所です。
ナイロンタオルやあかすりタオルなどは使いすぎないようにしましょう。
また、紫外線をカバーするためにストールで首を覆う方法もおすすめです。
その場合も刺激が少ない素材に気をつけましょう。
例えばシルクだと肌をつるつるにする効果が期待できるためスキンタッグ予防に繋がります。

マッサージ

特別なマッサージタイムを設けなくても、毎日のスキンケアの時間を利用して行なうことができます。
首にクリームや化粧水を塗る際に、一緒に指で代謝を改善するようにマッサージしてみてください。
まずは手のひらに化粧水などを取ったら下から上に向かって手を動かします。
クリームやオイルなどでもOKです。
次に首の中央から外側に向かってシワを伸ばすようにします。
反対側の手のひらを使うとやり易くなります。
最後に耳の下から鎖骨に向かってリンパの流れを良くして終了です。
このマッサージは首の血流を改善し老廃物を排泄しながら、栄養もしっかりと届けさせる効果が期待できます。
スキンタッグは皮膚の老化の一種ですから、肌の細胞一つ一つが衰えないようにすることが大切です。

日焼けを防ぐ

顔には毎日しっかりとUVケアをしていても、首や胸などは見逃しがちです。
この部分は意外と紫外線も当たっているため、皮膚にダメージが蓄積すればスキンタッグもできやすくなります。
特に春や秋など紫外線の量が少なくなる時期は塗らない人も多いのではないでしょうか。
紫外線を浴びるとシミの元ができたり、活性酸素で肌にダメージがかかるのです。
休日にちょっとそこまで外出、秋などに室内で過ごす場合に見逃しやすいでしょう。顔に塗るついでに首までちょっと伸ばせば良いだけです。
また、UV機能があるスキンケアクリームを活用してみたり、紫外線止め効果の期待できるオイルでお手入れする方法もあります。
一般的なUVケアよりは機能は落ちますが、それでもやらないよりは予防に繋がります。

 

>>スキンタッグケア化粧品はこちらから