病院へ行こう

病院での除去方法

自分でスキンタッグだと判断が付かない場合は、病院で除去してもらうのが一番です。
イボといっても伝染性のある腫瘍もあるため、下手に触らないほうがよいこともあるのです。
また、病院に行くと悪性の腫瘍でないことがハッキリし、適切な治療方法が選択できます。
治療方法は液体窒素、ハサミ、レーザー、電気メスなどです。
大きさによって治療方法が異なり、傷跡を残したくないかによっても選択する方法は変えられます。
小さいものははさみで切り取れば、痛みも少なく出血も殆どありません。
小さければ傷跡も残りにくいといわれてます。
他にも液体窒素を利用する方法もありますが、大きさによってはシミになることがあるため医師と良く相談することです。
顔や首など目立つ箇所にできたらまず1箇所治療してもらうと良いでしょう。

 

>>スキンタッグケア化粧品はこちらから

冷凍療法

冷凍療法とは液体窒素を利用して患部を冷やして除去する方法です。
液体窒素は−196度で、患部に当てると凍結させることができます。
この方法はウイルス性のイボででも良く利用されており、皮膚の表面を死滅させ、皮膚が生まれ変わるのを待って治療が完了します。
また、この方法は基本的には麻酔は使用しません。
これは保険適用にするためで、多少痛みがあっても我慢する人が多いようです。
痛みは殆ど感じなかったという人もいれば、かなり痛くて途中で断念した方など様々です。
患部の種類によっては痛みを感じやすいこともあるため、その場合は麻酔を使うレーザーに切り換えても良いでしょう。
この液体窒素は健康な皮膚にまで多少影響を及ぼすため、深いイボや大きなものでは色素沈着を起こす可能性があります。

ハサミで切り取る

ハサミで切る方法は一見原始的に見えますが、小さければ問題なく除去できます。スキンタッグは皮膚の表面が盛り上がったようなもので、その箇所を切除しても痛みや出血は少なくて済みます。
内側の皮膚は傷つけにくく、完治すれば傷跡も残りません。
注意したいのが自分で除去することです。
ハサミで簡単に取りのぞけるとはいえ、患部からばい菌が入ると化膿し、炎症を起こす可能性があるからです。
また、悪性腫瘍やウイルス性のイボを勘違いし、自分で除去すれば問題が出やすいでしょう。
病院で取ってもらっても保険が適用され、数千円程度のため利用するのが良いといえます。
ハサミで除去する方法は小さなスキンタッグに利用するため、麻酔は一切不要です。

メスで切り取る

スキンタッグが大きくなりすぎた場合に、メスで切り取る手術を行います。
1mm〜3mm程度で無数に発生するスキンタッグをわざわざ切り取る作業をする病院はないでしょう。
あくまでもハサミやレーザー、液体窒素で取り除ききれない大きなもののみです。1cmなど大きくなり、垂れ下がるなどして一度に除去できない場合です。
小さいスキンタッグは現実的に考えると、ハサミやレーザーで直接取ったほうが早いといえます。
これは保険の治療ができるかという問題も出てきます。
ハサミや液体窒素は保険が適用されるのに対し、レーザーは適用外の病院が多く注意が必要です。
イボが大きくなりすぎる前に治療したほうが、皮膚へのダメージも治療費も少なくて済みます。

レーザー

レーザーでスキンタッグを治療する方法は、美容皮膚科または美容外科などで行われています。
保険が適用されないものが多く、傷跡が残りにくいメリットはあるのですが、治療費が高額になる傾向がみられています。
レーザーを照射する前には麻酔をして痛みを軽減させます。
レーザーが当たる時間は1箇所につき数秒程度で、複数個所を除去することができます。
液体窒素だと痛みが強く我慢できない場合はレーザーを選択しても良いでしょう。
レーザーを患部に当てるとイボが蒸発します。
しばらくは多少赤みが増しますが、傷跡は比較的残りにくい方法です。
顔の目立つ箇所に利用したり、首にできてシミを残したくない場合はレーザーが適してます。
自費だと5,000円以上しますが、部分的な使用なら問題ないでしょう。

気になる費用は?

スキンタッグを治療する上で気になるのが治療費でしょう。
保険が適用されるハサミや液体窒素では1箇所数百円、初診料や薬代を含めても数千円程度です。
一番治療費が安くて済むため、多数できている場合にはこの方法が適しています。人によっては首に100個以上できている場合もあるのです。
最初は1個や2個でも本人が気がつかず、そのまま放置して数が増えて目立ってからの治療が多いようです。
レーザーの場合は保険が適用されない場合もあるため注意しましょう。
1箇所1,000円くらいからの所もあれば、5,000円以上など病院によっても治療費はまちまちです。
数が多ければ総額でどのくらいかかるかは確認しておくことです。
そのほか飲み薬や塗り薬などの治療費がかかります。

 

>>スキンタッグケア化粧品はこちらから