自宅でもできる

自宅での除去方法

スキンタッグを自宅で除去する方法はいろいろあるのですが、オイル系でマッサージすると取れたという人が意外と多くいます。
その理由は皮膚の乾燥で代謝が衰え、余分な角質が溜まっていたからだと考えられます。
首に保湿は一切しない人も多いのですが、20代くらいから徐々に肌は衰えがちで、現代人はエアコンなどの環境で特に水分は失われやすいといえます。
オイル系ではイボ専用オイルとして売られているもの、植物オイルなどです。1本持っていると全身に使え、髪から爪の先まで塗ることができます。
また、そのほかヨクイニンという漢方薬を兼用したり、ハトムギ茶を毎日飲むと増えにくくなったという人もいます。
何よりもイボは年齢と共に増える傾向があるため、数を多くしない対策をしましょう。

 

>>スキンタッグケア化粧品はこちらから

商品の種類

スキンタッグは自分で除去する方法はおすすめできませんが、スキンケア商品を使って少しずつ取りやすくする方法は良いでしょう。
皮膚の代謝を改善すれば、徐々にポロッと取れやすくなります。
良く使われているのが杏仁オイルです。
皮膚に良く馴染み植物オイルで皮膚へのダメージはありません。
稀に植物性の成分にかぶれる人以外は大体使うことができます。
他にもスクワランというサメのオイル、ホホバオイルやオリーブオイルを使う人もいます。
30代や40代くらいになったらオイルケアもプラスしましょう。
首のイボは知らない内にできていて、気がついたら多数になっていた方もいます。顔に塗るついでに伸ばし、十分に保湿を心掛けましょう。
また、オイルを直接患部に馴染ませ、柔らかくする方法もあります。

気になる費用は?

スキンタッグを自分で除去するスキンケア代は安いもので1,000円台〜、高いものでは7,000円前後します。
安価な価格で始めたい方はヨクイニン入りのスポットクリームが良いでしょう。ピンポイントで患部に塗ると少しずつイボが取れやすくなります。
また杏仁オイルを選ぶ場合では少々高額になりがちですが、オイルは1滴でも伸びが良く他のスキンケアと組み合せるとそれ程多くの量は必要ありません。
どれが一概に良いとはいえないため、続けやすい価格と塗りやすさで選んでみてください。
スキンケアの方法は治療とは異なるため、短期間では改善できません。最低でも1本は使いきり、数ヶ月は持続させる気持ちが必要です。
クリームなら少量ずつ使えて経済的、オイルなら顔用としても使えて意外と重宝します。

毎日使い続けることが大切

スキンタッグ用のスキンケア商品は毎日続けないと意味がありません。
人によってはオイルを塗りこんで数日で取れたという方もいますが、大体は1ヶ月以上など長期的に続けなければなりません。
なぜなら1つが除去できても、このイボは年齢的にどんどん増える傾向があるからです。
一度除去した経験がある方は予防のためにスキンケアを毎日続ける方法がおすすめです。
スキンタッグは病院に行けば除去はしてもらえますが、キリがありません。
それならできにくくするようケアするほうが良いでしょう。やり方は優しくピーリング、化粧水やクリーム・オイルなどで保湿などの方法です。
乾燥があまり気にならないならヨクイニンが配合されているピンポイントで塗れるクリームを利用するのも良いでしょう。

保湿が大切

スキンタッグには保湿が大事といわれるのは、肌の水分量が不足していると代謝が衰えるからです。
赤ちゃんや子どもの肌にシミがひとつも無いのは、肌の生まれ変わりサイクルが適切だからです。
しかし、大人の肌は年齢的に徐々にバランスが崩れ、人によってはサイクルが早すぎて肌のバリア機能が落ちたり、逆に遅すぎてくすみの原因となることがあります。肌の水分量を整えるとこのターンオーバーの日数が整うのです。
ターンオーバーに必要なのは水分で、弊害になるのは汚れです。
1日の汚れを除去するとともに、保水力のあるケアを続けましょう。
保水力といっても化粧水だけではダメで、油分でフタをしなければどんどん蒸発します。
毎日のケアが面倒なら、お風呂上りで水分がまだ残っている状態でオイルケアをする方法もおすすめです。

保湿を高めるいい方法

皮膚には有害な物質を入り込ませないようバリア機能があるため、やたらとスキンケア商品を塗っても入り込みません。
しかし、ナノ化された成分が配合している商品を使ったり、ケアする前のちょっとした対策でも浸透力を良くすることができます。
たとえば肌に汚れが付着していると美容成分は弾かれてしまいます。
スキンケアをするなら一度汚れを除去し、肌を柔軟にしてから行うと良いでしょう。
ベストなのはお風呂上りで、毛穴が開き皮膚が柔らかくなった所で素早く塗ると浸透を助けます。
1日1回はきちんと湯船に入り、毛穴を開いてからスキンタッグ用のスキンケアを付けるようにしてみて下さい。
このちょっとした手間だけで浸透力が高まります。

 

>>スキンタッグケア化粧品はこちらから