スキンタッグとは?

スキンタッグとは?

スキンタッグとはイボのことです。
脇の下や首、胸など皮膚が柔らかい場所に多くでき、老化により数が増えたり大きくなったり変化します。一種の老化現象のひとつといえますが、そのメカニズムは詳しく解明されていない部分もあります。
早ければ20代くらいからできはじめますが、30代や40代など中高年以降に現われることが多いようです。
元々の体質なども関係していると考えられ、発生する年齢は人によってまちまちです。
また、中年以降の人は誰でも1つや2つはあるもので、高齢者になるほど発生率も上がってきます。
色は肌色から茶褐色なものまであり、大きさは1mm〜3mm程度です。これ以上大きくなると呼ばれ方が変わることがあります。一般的には小さなイボをスキンタッグと呼んで区別しています。

 

>>スキンタッグケア化粧品はこちらから

良性腫瘍でそのままにしておいても害はないが・・・

スキンタッグは良性の腫瘍のため放置しても問題はありません。このイボが悪性化したという症例も無いため特に心配することはないでしょう。
ただし見た目の問題や、放置するとネックレスなどに引っかかるというトラブルは起こります。特に女性の場合は顔や首など目立つ箇所にできると、外見上あまり良くないため取り除きたいと考える方も多いでしょう。
首にできると衣類の摩擦で邪魔に感じることもあるため、取り除く方も多くいます。
また、スキンタッグは年齢を重ねるごとに数が増えたり、イボが大きくなるという特徴を持っています。
このことから気になる方は皮膚科にて早めに取ってもらう治療を行ったほうが良いでしょう。
あまり大きくなりすぎると治療方法も面倒となり、傷跡が残りやすくなるため避けるのが無難です。

出来てしまう原因

スキンタッグは詳しいメカニズムは良くわかっていません。
ただし、中高年になると発生しやすく、更に年齢を重ねるごとに数が増えたり発症数も増えることから、加齢による皮膚疾患のひとつだと考えられています。
直接的な原因はいろいろ考えられます。
首や顔など紫外線に多く当たる箇所は、太陽の光に多く当たることで皮膚がダメージを負います。
日頃から屋外にいることが多い方、スポーツなどで紫外線を浴びる機会がある方は注意しましょう。
また、肥満者などにも良く見られることから、皮膚の刺激も原因のひとつだと考えられています。
脇の下や胸など皮膚が柔らかく摩擦が多い箇所では、皮膚に何らかの刺激が起きてそれが老化をもたらすことがあります。

できやすい場所

スキンタッグは首や脇の下、胸、お尻などにできやすいとされています。首や顔にもできるのですが、特に皮膚の摩擦が多い箇所に発生します。
何らかの原因によって皮膚の細胞が異常増殖し、皮膚の一部が盛り上がったように見えます。
最初はシミのような茶褐色だったものが、次第に変化して突起状になったらこのイボを疑います。
よく気になる箇所は首筋のイボでしょう。1mm〜3mm程度でシミのような色をしており、やや盛り上がっているため、見た目的にも問題が出たり突起が問題となったりします。首以外にもまぶたなど目立つ箇所にも発生します。
首に一度できると衣類やネックレスの摩擦で数が増える傾向があるため、対策をするのが一番です。
脇の下などは対処しにくいのですが、皮膚が露出している部分ならできるだけ刺激を避けることはできるでしょう。

痛みやかゆみ

スキンタッグは痛みや痒みなど特徴的な症状はありません。
少し盛り上がった部分が擦れたり、ネックレスに引っかかるなどで炎症が起きれば、痛みを感じることはあります。
基本的には無症状で見た目以外に問題となることは無いでしょう。
年齢と共にイボが成長し突起してくることがありますが、指でつまんでもあまり痛みを感じません。
皮膚の表面の一部が盛り上がっただけのため、万が一何かの拍子にイボが取れてもそれ程痛みがないといわれてます。
実際に治療する際もハサミでチョキンと切るのみの簡単な方法が利用されており、その際にも痛みなどはそれ程感じないのです。
また、鼠蹊部など摩擦が大きい箇所だと大きさによっては多少邪魔に感じてしまうことはあるかもしれません。
基本的にスキンタッグは数mm程度の小さなものを指しています。

大きくなることもあるの?

スキンタッグは大きく成長することがあります。特に多く見られるのは1つが成長するというよりは、数が多く発生するタイプですが、稀に摩擦が大きい箇所では1cm以上にまで大きくなることがあります。
1mm程度の小さなものをアクロコルドン、2mm〜3mm程度になるとスキンタッグ、それ以上に成長し1cm以上になったものは軟性繊維腫と呼ばれています。直接的な原因は一緒ですが、大きさによって区別しているのみです。更に成長して皮膚から垂れ下がると、懸垂性繊維腫という名前に変わります。
良性のイボなら年齢と共に大きくなっても問題はありません。ただし短期間の内に巨大に成長するようなら悪性化も疑わなければなりません。悪性のガンは最初は見た目だけでは判断しにくく、急に大きくなるようなら注意しましょう。

 

>>スキンタッグケア化粧品はこちらから